SLITTERサービス終了のお知らせ

SLITTER

ご無沙汰しております。ツカサです。

この度、SLITTERサービスを終了させていただくことになりました。

というのは、2013年3月にTwitter APIが新ロジックに移行し、HUD側、サーバ側の改修が必要となるためです。対応のために改修、または一から制作するという選択もありましたが、運営・制作双方としても非常に負荷が多く、断念せざる得なくなりました。

当サービスはTwitter普及初期に開発されたこともあり、現在のようにユーザーのニーズを満たす様々な形態のTwitterクライアントが現在のように出そろっていない状態で生まれた、セカンドライフのインワールド内で利用することを想定とした、ある意味でユーザーを限定する、またある意味では非常に実験的な試みとして開始したサービスであります。

その中で、サービス開始から本日までに500名弱のユーザー登録を頂いたことは、セカンドライフの日本人アクティブユーザー数を考慮すると想定していた数を大幅に上回るもので、「インワールドのTwitterを利用している日本人ユーザー向けに、少しでも利便性があるクライアントを提供したい」という当初の目標を十分に達成できたと考えます。

また、サービス稼働から3年が過ぎ、Twitter側もサービスとしては大成したおかげで、非常に多くの個々の利用用途に応じたクライアントを選択することができるようになりました。

これらの有名クライアントと比較すると、現在はすでにSLITTERの利点は少なく、セカンドライフの仕様上の限界より、これ以上の大幅の改良に限界を感じていた矢先のTwitter側の仕様変更の告知。これらのことより、SLITTERサービスをこれからも存続する意義があまりみつからず、断腸の思いですがクローズさせていただくこととなった次第です。

SLITTERに限ったことではないのですが、インワールドを絡めたWebサービスを開発するには、セカンドライフのサーバリソース、サーバサイドスクリプトに依存することは必須なため、非常に不安定で仕様変更の影響を直撃してしまうデメリットがあります。

それに耐えられるスクリプトを書き、度重なる修正に応じてくれたプログラマーにはいくら感謝してもしきれません。そして今まで当サービスを無事に運営して来れたのも、多くのユーザー様からの応援、運営・開発を支援していただいた友人達のおかげだと痛感しております。本当にありがとうございました!

この記事はSLITTERに投稿されました タグ: , , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.