secsy the 3rd 〜 デザインや諸々を語る

secsy
リニューアルのポイントを、小出しでお伝えすると言っときながら、やっちゃいましたリニューアル。相変わらずノリまかせですみません。

既にご覧になった方は今までとデザイン路線が変更になっているのはご存じのことでしょう!

そう、今まではどちらかというと爽やか、ナチュラル路線だったのが一気にブラックベースの引き締まるデザインに変更になりました。

これはリンデンの公式サイトを意識し、セカンドライフというブランド・デザインに沿った形になります。それに独自のテイストを交えて、新しいsecsyのデザインができあがりました。どうでしょう。自分で言うのも何ですが、なかなか良いでしょう!

左メニューアレイアウト

secsy メニューレイアウトも左側にメニューが追加され、大幅に変更になりました。左メニューと言えば一昔前のWebデザインの主流で、10年前ぐらいにはほとんどのWebサイトに採用されていたレイアウトだと記憶しています。ですが、あまりにも多くのWebサイトに利用されていたため、ありきたり感より敬遠するWebデザイナーが増え、最近は左メニューレイアウトを採用するWebサイトはだいぶ減っています。

でも、このレイアウトって利用者から見たら凄いわかりやすいんですよね。

今までのsecsyでは、メニューのエリアは上部に密集して設置していたのですが、あまりにも項目が多く、限界を感じていました。

「制作者側がこのように感じるのですから、利用者はもっとわかりづらいはず!」

そう直感に従い、左メニューレイアウトを採用したのです。ただ、単に追加するわけではなく、JavaScriptを使って実は高度な制御をしています。これはシステムとの兼ね合いもあるのですが、このレイアウトにすることでレガシー感を出したくなかったんです。まあ、制作者のエゴです。ハイ。

実はGoogle+を意識していたり

世の中にはSNSが数多くあります。TwitterにFacebook、mixi、GREE。今のインターネットはSNSなしでは語れないほど浸透し、そしてサービスが溢れています。

その中で自分が好きなサービスにGoogle+があります。

確かアップルのデザイナーがGoogleに移籍してデザインしたSNSだと記憶しているのですが、ほんと見事としか言いようのないデザインで一目で惚れ込んでしまいました。

リアルでも使っているSNSといえばTwitterはもちろんですが、FacebookよりGoogle+の利用時間の方が圧倒的に長いのです。(デザイナー仲間がFacebookを嫌っている人が多いのも原因の一つですが)

そのため一見わかりづらいのですが、実はsecsyもGoogle+をかなり意識して作っています。特にフォーム周りですね。フォーカスさせると下にググッと伸びて、×ボタンで元に戻る部分は丸パクリさせていただきました・・・。

あとは左下あたりにアイコンを設置して、アルバム・ピクチャの投稿やURL入力などできるように改良したら便利ですよね。まんまGoogle+になってしまいますが、そこはご愛敬と言うことで許してください。

Internet Explorerでは見えない世界

またIE批判か!との声が聞こえてきそうですが・・・。だってほんとに酷いんですもの・・・IE。

今回のsecsyは、今まで以上にCSS3という技術を取り入れて作られています。この技術がIEだとほとんど利用することができないため、残念ながら同ブラウザのユーザーさんは少し残念な表示になってしまいます。

とはいっても、グラデーションがかかるところが白塗りベタ一色になってしまったり、陰が表示されなかったり、角丸のはずが角張った形で表示されてしまったりと、ほぼ見た目の問題。IE8以降は機能的には問題ないので気にせずに使ってください!(最初に警告ダイアログがでますが、一度閉じてしまえば次から表示されなくなります)

個人的に楽しめたsecsyデザイン

以前にもお話ししたと思いますが、secsyのベースとなっているシステムはBuddyPressというSNS構築システム(正確にはWordPressプラグイン)を用いて製作しています。

土台がパッケージとして提供されているため、実はsecsyのようなSNSを作成するのは少し知識があれば簡単なのですが、そこから独自にカスタマイズしようとするとかなり難しいのです。(例えると醤油ラーメンを味噌ラーメンに作り替えるような感じ)

つまり既に決定されているデザインや機能から、独自仕様に作り替えるときですね。単にカラーや画像周りを変更するのは楽なのですが、レイアウト変更や新機能を追加する場合に非常に手間がかかります。

正直に言うと、今までのsecsyはこれらの弊害によりだましだまし作っていました。ですが今回で作り直すのも2回目! これだけ作っていれば自然と体が感覚をつかんでくるじゃないですか。なので思い切ったデザインとレイアウト、そして機能追加を考え、自分に高いハードルを与えてみました。

だいぶしんどかったのも事実なのですが、そのおかげでBuddyPressの内部がどのような仕組みで動いているのかが、細かいところまで把握することが出来、非常に勉強になりました。

もうここまで慣れてくると作っていくのも楽しくなっていきます。もう製作後半はウハウハで一気に作って、先日の緊急リリースに至ったというわけです!

まだまだ進化します

さてsecsyのリニューアルもリリース完了となり一息ついているところですが、まだまだ課題が山積みなのも事実。特にスマートフォンサイトの復旧は急務と考えています。

あとは、もっとユーザーさんに利用していただくために、もっともっと工夫していかないと!

ここまで手をかけて作っただけで終わるのは残念すぎますからね。

secsyはもっともっと進化し変わり続けます!

どうぞご期待ください!

この記事はProgressに投稿されました タグ: , , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.